男性の薄毛の原因となる男性型脱毛症(AGA)に有効なプロペシアの成分と効果を説明しています。個人輸入代行を用いた安価な入手方法も記載しています。

  • ホーム
  • プロペシアと併用できない薬や利用してはいけない人

プロペシアと併用できない薬や利用してはいけない人

プロペシアとは、アメリカにおいて開発された一般名フィナステリドと呼ばれる男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
全世界においては、60か国以上で使用され、日本国内においても2005年12月から発売が開始されており、その認知度も高いと言えるでしょう。

プロペシアには、0.2mg錠とプロペシア1.0mg錠の2種類があり、薄い赤色(ピンクに近いと言えるでしょう)のコーティング錠剤です。
近年の医学発達により、前述の男性型脱毛症の主な原因物質は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるものとわかっています。
脱毛の症状がある患者の頭皮にはこのDHTが一般の方よりも多く確認されており、毛髪に対して悪影響を与えるというメカニズムです。

臨床試験等では、より長い期間このプロペシアを服用することで男性型脱毛症の改善効果が認められているというデータがあります。
なお、それぞれの薬には、その他薬との併用により、薬の効能が増強したり、または減退したりと悪影響を及ぼす薬物相互作用というものがあります。
例えば調剤薬局等で説明を受けることもありますが、血圧の薬に対して飲んではいけない薬など、併用による危険性についてはそれぞれの薬のパッケージ、説明書等にも記載されています。
このプロペシアに関しては前述のような飲み合わせによる薬効の増強、減退等を示す薬物相互作用は特に認められていません。
つまり、その他薬剤と違い併用が危険なものは特に無く、比較的安全性の高い薬であると言えるでしょう。

ただし、前立腺肥大等の治療を行われている方は、担当医師に事前に相談することをお薦めします。
また、前述のように肝機能の障害を持つ場合は、その血液検査数値が大幅に悪化する可能性がある為、注意が必要です。

他には過敏症になったり、めまいなどがおこる可能性があります。

また、「プロペシア」は未成年や女性の方に対する処方は行っていません。
特に妊娠中の方などが服用しますと、男性胎児の生殖器に異常が発生する可能性がありますので、服用は禁止されています。

関連記事